キャラ紹介

秋田県湯沢市のはずれの田舎町に古くからある、うどん屋の1人娘。
祖父の職人気質な性格を受け継ぎ、口下手で流行の話題にはうとい。

学校では不遇な毎日を過ごす彼女も、お店ではしっかり者の看板娘として知られ、常連の町の住人からはとても愛されている。

ひなちゃんが作ったというスープを口にして、そのおいしさに感激するが、まさかひなちゃんのスープが2人のお風呂の残り湯から作られていたとは、夢にも思わなかったのだった。

悩みは学校での友達が少ないことと、18歳になってもつるつるなこと。

好きなもの:うどん、ひなちゃん、お風呂
苦手なもの:TVなどの流行の話題、怖い話

「みんなにおいしいね、と言ってもらえるうどんを作るのが私の目標です!」

見た目7~8歳だが本当のところは不明。
外国の母親とのハーフで、両親から放任主義で育てられたせいか、好奇心旺盛で活発な子供に育つ。
一人で遊んでいるうちにみなせちゃんのお店に迷い込んでしまった。

みなせは両親を探そうとするが、当の本人はみなせと、 みなせがつくったうどんが気に入り、懐いてしまう。

熱いお風呂に入ると、おいしいダシができるという不思議な力を持つ。

本人はできるだけみなせと一緒にいたいので、作り方はあいまいにしている。

好きなもの:みなせ、みなせの作ったうどん
苦手なもの:じっとしていること、シャンプー

「ひなのおツユおいしい?じゃあ、いっしょにおフロはいろーね!」